February  25th (Sat.) 2006    KISS MINI EXPO & LIVE vol.3
ESP MUSICAL ACADEMY, Tokyo

KISSDOLLS #4

エース・プレーリードッグ(g.)/ぽぅるふじた(g.)/ジーン・シンタロウ(b.)/梅ちゃん(ds.)

DETROIT ROCK CITY
DEUCE
STRUTTER
LET ME GO,R+R
PARASITE
C'MON AND LOVE ME
LOVE GUN

kannon Frehleyが東京でのライヴに参加できなくなり、当時Makin' Loveのメンバーであった、

エース・プレーリードッグ氏に助っ人をお願いし、予定通り出演することとなった。

彼はサポートプレイヤーだということで、ここでもラインアップは“DOLLS#4”のままとさせていただく。

 

 

kannon Frehleyは、このままバンドを脱退することとなった。

December  9th (Sat.) 2006     「年の瀬ダヨ!KISS大宴会(仮)」
沼袋サンクチュアリ, Tokyo

KISSDOLLS #5

KAME ACE(g.)/ぽぅるふじた(g.)/LIE GENE(b.)/梅ちゃん(ds.)

DETROIT ROCK CITY
KING OF THE NIGHT TIME WORLD
LADIES ROOM
MAKIN' LOVE
LOVE GUN
I STOLE YOUR LOVE
SHOCK ME
GOD OF THUNDER
SHOUT IT OUT LOUD

このステージから、大阪をベースに活動するKISSトリビュートバンド“SHANDI”から、新メンバーとして

ギタリスト(KAME ACE)とベーシスト(LIE GENE)が加わって、新たにDOLLS#5としてスタート。
同じ年の内に2度の東京ライヴを行ったのは、現在に至るまでこの年だけである。

 

​kannonは数年前に、大阪でSHANDIを見てLIE GENEの存在は知っていたのだが、まさかその人物が
DOLLSに加入するとは夢にも思っていなかった。