March  30th (Sun.) 2003     ARN in Nagoya vol.13
Apllo Theater, Nagoya

KISSDOLLS #3

kannon Frehley(g.)/ぽぅるふじた(g.)/Jack Simmons(b.)/えろっく・しんごー(ds.)

PARASITE

DEUCE
MAKIN' LOVE

FIREHOUSE
I WAS MADE FOR LOVIN' YOU
SHOCK ME

GOD OF THUNDER
SHOUT IT OUT LOUD

 

I STILL LOVE YOU

ROCK AND ROLL ALL NITE

“PARASITE”でライヴをスタートさせたライヴ。
「オープニング曲を毎回変える!」というスタイルを、まだ維持していたわけだ。

 

“I STILL LOVE YOU”である。
この曲をライヴで歌える日本人のポール役が、そうそういるとは思えない。
我が社の、ぽぅるふじたの存在あっての選曲であると言えよう。

今回のサイトリニューアルで、過去のアーカイヴをチェックしているわけだが… こんな早い時期に
“I STILL LOVE YOU”にトライしていたとは思わなかった。僕としても発見である。 

 

 

なお、当日は3月30日。kannonの誕生日であった。
アンコール前に、ステージ上にバースデーケーキが登場!僕には全く知らせずに用意してくれたのだ。
びっくり嬉しくて、あのイデタチのまま素に戻ってしまったkannon Frehleyなのであった…。

 

April  12th (Sat.) 2003     ROCK AND ROLL ALL NITE!
上屋劇場, Kobe

KISSDOLLS #3

kannon Frehley(g.)/ぽぅるふじた(g.)/Jack Simmons(b.)/えろっく・しんごー(ds.)

PARASITE

DEUCE
MAKIN' LOVE

FIREHOUSE
I WAS MADE FOR LOVIN' YOU
SHOCK ME

GOD OF THUNDER
I STILL LOVE YOU
SHOUT IT OUT LOUD

 

LET ME GO, ROCK'N ROLL

KISSDOLLS、初の遠征である。
地元以外で演奏するという発想自体が、あったかどうか…といった時期だ。

 

神戸のKISSトリビュートバンド、KISS?(キッスハテナ)主催の、KISSばかりのライヴだ。

つまりはクドイわけで、見ているほうは大変である。
…というわけで、3バンドの最後に登場した我々のころには、お客様は数えるほどしかいなかったという
おそらくDOLLS史上、最も少ない観客の前で演奏したライヴなのではないか。
ちなみに、前回の名古屋から半月も経たずのライヴだったので、セットリスト的には少し変更した
のみである。

  

 

当時の上屋(うわや)劇場のスタッフは、いまだ不慣れだったらしく、明かりやら音やらが
今ひとつだったという印象だ。記録映像を見ても、異様に暗い照明だと感じるし、音に至っては
SE用のMDに、オープニングSEの次に入っていたサイレン音をそのまま流し、1曲目の“PARASITE”は
ギターソロが始まるまで、延々とサイレンが鳴っていたという…いまとなっては信じられないような
ミスがあったことを思い出す。なお、あくまで “当時のスタッフ” ということを強調しておきたい。 

 

しかし “初の遠征” という意味で、記念すべきライヴであったことは間違いない。
このステージで、KISSDOLLSを知ったという関西のKISSファンもおられるであろう。

 

August  31st (Sun.) 2003     TRACK FEST vol.3
鹿鳴館, Tokyo

KISSDOLLS #3

kannon Frehley(g.)/ぽぅるふじた(g.)/Jack Simmons(b.)/えろっく・しんごー(ds.)

DETROIT ROCK CITY
TAKE ME
LET ME GO, ROCK'N ROLL

FIREHOUSE
CRISTINE SIXTEEN
I WAS MADE FOR LOVIN' YOU
SHOCK ME

GOD OF THUNDER
I STILL LOVE YOU
LOVE GUN

 

ROCK AND ROLL ALL NITE

CHEAP TRICKのトリビュートバンド “CHEAP TRACK” 主催のイヴェントライヴだ。

当初、我々のスタッフを努めてくれていた、M女史の助言で実現した…初の東京ライヴなのである。


 

地方のトリビュートバンドごとき(?)が、お江戸でプレイするなどとは思っていなかったので
タイヘンなことになったと思ったと同時に「他のバンドをブッ飛ばしてやる!」と意気込んで臨んだ。
今になって映像を見ると、勢い余って空回りしていた部分もあるが…当時の若さとイキオイは
充分に評価できるのではないだろうか。我田引水手前味噌。
 
当時の現場の記憶?
ただ暑かった!!!それが一番の記憶である。

エアコンが不調だったか、スイッチを入れ忘れていたのか知らないが、トップバッターのDOLLSは
目黒の地下のライヴハウスで、猛烈な暑さの中プレイしたのだ。客席も当然暑かったわけだが
数多くの灯体に囲まれたステージ上は、格別の味わいであった。演奏を始める前から

「この暑さは、ダメかも知れない…」と思ったのは、このライヴが唯一(だと思いたい)である。
終演後、鹿鳴館の責任者氏と話をさせていただいたのだが、以前にも出演バンドのメンバーが

酸欠などで倒れたことがあったそうである… 恐るべし、真夏の鹿鳴館!!!
 

November  23rd (Sun.) 2003     ARN in Nagoya vol.17
Apllo Theater, Nagoya

KISSDOLLS #3

kannon Frehley(g.)/ぽぅるふじた(g.)/Jack Simmons(b.)/えろっく・しんごー(ds.)

PSYCHO CIRCUS
KISSIN' TIME

CHRISTINE SIXTEEN
SHANDI

FIREHOUSE
RIP IT OUT

GOD OF THUNDER
LOVE GUN

 

LICK IT UP

ROCK AND ROLL ALL NITE

年内に再びの地元でのライヴ。
昨今では、年間に2度の地元ライヴは、なかなか実現しない…。

 

オープニングは、当時の最新アルバムからのタイトル曲“PSYCHO CIRCUS”。
一聴して「おお、やったな!ポール!」と拍手した、キャッチーな曲である。