May  26th (Sun.) 2002     ARN in Nagoya vol.8
Apllo Theater, Nagoya

KISSDOLLS #2

kannon Frehley(g.)/ぽぅるふじた(g.)/Jack Simmons(b.)/Pilompa(ds.)

I WAS MADE FOR LOVIN' YOU

LET ME GO, ROCK'N ROLL

CHRISTINE SIXTEEN
FIREHOUSE
SURE KNOW SOMETHING
ROCKET RIDE

100,000 YEARS
SHOUT IT OUT LOUD

 

ACROBAT

ROCK AND ROLL ALL NITE

ぽぅる&Jackを迎えた第2期KISSDOLLS、3回目のステージ。

 

あらためて眺めると、ちょいと新鮮なセットリストである。

“I WAS MADE FOR LOVIN' YOU”で始まるのもなかなかイイし、“CHRISTINE SIXTEEN”の位置も面白い。
何年もご無沙汰しているが“SURE KNOW SOMETHING”をプレイしたのも、このライヴが最初だ。
現在のDOLLSの定番であり、売りのひとつとなっている“100,000 YEARS“の初登場も、このライヴ。
 
しかし、曲目としての最大の目玉は… “ACROBAT”ではないだろうか。
KISS ARMYなら先刻ご承知、KISSがデビュー前後のライヴでのみプレイしていたナンバーである。
公式のスタジオヴァージョンは存在しない、この曲。少なくとも“フルコスチュームの”KISSトリビュート

バンドとしては、KISSDOLLSが日本で最初にプレイしたと思われる。

 

 

 

このライヴをもって、オリジナルメンバーのPilompaが、バンドを去ることとなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

​【追記】
 

2017年12月25日。
KISSDOLLSのオリジナルドラマー“Pilompa”こと藤橋竜也氏が逝去。

 

November  23rd (Sun.) 2002     ARN in Nagoya vol.11
Apllo Theater, Nagoya

KISSDOLLS #3

kannon Frehley(g.)/ぽぅるふじた(g.)/Jack Simmons(b.)/えろっく・しんごー(ds.)

LOVE GUN

KING OF THE NIGHT TIME WORLD

LET ME GO, ROCK'N ROLL

FIREHOUSE
CALLING DR.LOVE
RIP IT OUT

100,000 YEARS
SHOUT IT OUT LOUD

 

C'MON AND LOVE ME

ROCK AND ROLL ALL NITE

オリジナルメンバーはkannonだけとなってしまった。
しかし構わずどんどんやってしまおうというのが、このバンドだ。
 
ドラムスに“えろっく・しんごー”を迎えての、KISSDOLLS第3期に突入。
本家KISSのドラマーは、例外無くメンバーの中で一番小振りである。ところがこのドラマーは

DOLLSメンバーの中で最もデカイ。ドラムセットから突き出た上半身を見ると、大仏様のようであった。
ステージネームについて言えば… 今なら「パロディネームだからこそ、ピーター以外の名は要らん!」と

バンマスが暴れるところだが、当時はそこまでバンドとしての考えが定まっていなかったように思う。

ちなみに彼は、テクニカルなフュージョン系ドラマーに属する、きっちり正確に叩くタイプであり
他のメンバーが「もっと荒々しく」だの「ハイハットを開いてくれ」だのと注文した記憶がある。
 
ちなみに…“えろ(エロ)っく・しんごー”と名乗ってはいるが
ことエロさにおいて、前任者のPilompaやkannonには到底及ばないと思われる。